IEEE802.11

読み方 : アイトリプルイーはちまるにてんいちいち
フルスペル : Institute of Electrical and Electronic Engineers 802.11

米国電気電子学会でLAN技術の標準を策定している802委員会によって1997年に標準化された最初の無線LAN規格です。2.4GHz周波数帯を使用し、通信速度は2Mbpsです。デジタル信号を小さい電力で広い帯域に分散して送信する直接拡散方式、周波数を一定期間で切り替えて通信を行う周波数ホッピング方式、赤外線を使って無線通信を行う赤外線方式について規定しています。通信プロトコルはデータの衝突を防ぐために通信路が使われていないことを確認してからデータを送信するCSMA/CA方式を採用しています。
1999年に2.4GHz帯を使用し、最大通信速度が11MbpsのIEEE802.11b、5GHz帯を使用し、最大通信速度が54MbpsのIEEE802.11aが規格化、2003年にはIEEE802.11bと互換性を持ち、2.4GHz帯で最大通信速度54Mbpsを実現したIEEE802.11gが規格化されました。
また、2009年9月にはIEEE802.11b、IEEE802.11gと互換性を持ち、最大通信速度600MbpsのIEEE802.11nが規格化、2014年1月には最大6.9Gbpsの通信速度を誇るIEEE802.11acが規格化されました。
他にも無線LAN通信におけるセキュリティ機能の規格IEEE802.11i、ビデオや音声等の通信品質を確保するための規格IEEE802.11e等があります。





ページトップ