IEEE802.11ac

読み方 : アイトリプルイーはちまるにてんいちいちエーシー
フルスペル : Institute of Electrical and Electronic Engineers 802.11ac

IEEE802.11acとは、米国電気電子学会でLAN技術の標準を策定している802委員会が定めた無線LAN規格です。
IEEE802.11nの後継となる第5世代目のWi-Fi規格ということで、「5G WiFi」とも呼ばれています。
IEEE802.11aやIEEE802.11nと同じ5GHz帯の波数帯域を利用するため(2.4GHzは非対応)、Bluetooth等他の無線機器の干渉を受けにくく、 433Mbps〜6.93Gbps(6.93Gbpsは物理層における理論上最大の速度)の高速なデータ通信が可能になっています。
IEEE802.11acでは、周波数帯域が今まで最高40MHzだったのに対し、80MHzや160MHzで通信することができます。また、変調方式も最大64QAMが、256QAMまで利用できるようになり、データ伝送効率が向上しています。
そして、 IEEE 802.11nと同じく、複数のアンテナを使用しデータの送受信を行うMIMO(multi-input,multi-output)方式が採用され、IEEE802.11nでは4本だったアンテナ数を8本に拡張することで、高速化を実現しています。





ページトップ