IEEE802.11n

読み方 : アイトリプルイーはちまるにてんいちいちエヌ
フルスペル : Institute of Electrical and Electronic Engineers 802.11n

IEEE802.11nとは、米国電気電子学会でLAN技術の標準を策定している802委員会が2009年9月に策定した無線LANの規格の1つです。
2.4GHzと5GHzの周波数帯域を用いて最大伝送速度600Mbps(40MHzのチャンネルボンディング、4つのアンテナを使用した場合、理論上最大の速度)での伝送が可能です。
IEEE802.11nは、IEEE802.11a、IEEE802.11gと同帯域幅を使用する規格でありながら、従来とは異なる技術を導入することにより、伝送効率は4倍程度高まります。
具体的には、まず複数のアンテナを使用しデータの送受信を行うMIMO(multi-input,multi-output)方式の採用であり、IEEE802.11nでは送信用、受信用にそれぞれ2本ずつアンテナを使用します。
次に、データリンク層における伝送効率の向上です。複数のデータ・ユニットをまとめて伝送することにより、伝送時に待機時間の削減が可能です。 日本国内では電波法により当初の対応製品は20MHzの帯域幅しか利用できませんでしたが、2007年6月に電波法が一部改正され、無線通信で同時使用可能な帯域幅が20MHzから40MHzに引き上げられました。これによりIEEE802.11nでは、無線LANのチャンネルを2本まとめて使用するチャンネルボンディングが可能となり高速化を実現します。
IEEE802.11nは、正式策定以前のドラフト段階でIEEE802.11nドラフト対応を謳っていた製品についても正式規格の要点を充たしているため、再認定を受けることがなくIEEE802.11n対応製品として扱うことができます。





ページトップ