ま行


マルチドロップ接続 multidrop

マルチドロップ接続とは、同じバス上に複数のデバイスを接続するネットワーク接続形態のことです。
デバイスを接続する方法として、通信規格RS-232Cの1:1接続が幅広く利用されています。しかし、2台のデバイス同士しか接続できないため、デバイスの数が増えるとネットワークの構成や管理が不可能になります。そのため、容易に複数のデバイスを接続する方法として、通信規格RS-485やイーサネット対応のマルチドロップ接続があります。
マルチドロップ接続は、同じバス上で複数のデバイスを接続するため、1台のデバイスで複数のデバイスを管理することができ、デバイスの増減や配置変更が容易です。

無線LAN wireless LAN

無線LANとは、無線通信により構築されるLocal Area Networkのことです。
Wi-Fi、ワイヤレスLAN、WLANと呼ばれることもあります。多くの無線LANがIEEE802.11諸規格を使用し構築されています。
無線LANの伝送速度は、IEEE802.11bで最大11Mbps、IEEE802.11a及びIEEE802.11gで最大54Mbps、IEEE802.11nは最大伝送速度600Mbpsです。 ギガビットイーサネット1000BASE-T規格が浸透している有線LANに比べ劣っていましたが、2014年に5GHz帯の電波を使用/最大伝送速度6.93GbpsのIEEE802.11acが正式承認され、高速無線LAN規格として注目を集めています。

無線LANアクセスポイント wireless LAN access point

無線LANアクセスポイントとは、無線LANにおいて端末を接続するために電波を中継する機器のことです。ほとんどのものが有線LANとの接続機能も持っています。宅内や構内を無線LAN化しても、インターネットとの接続や基幹ネットワークとの接続は有線の場合がほとんどです。そのためネットワークの出入り口には必ずアクセスポイントが必要になります。 無線LANでは通信方式は機器同士が直接通信を行うアドホックモードとアクセスポイントを介して通信するインフラストラクチャーモードの2種類に分けられます。アドホックモードは同時に2台以上の端末と通信できないので、複数台の端末を接続したい場合は無線LANアクセスポイントを使用します。

無線LANルータ wireless LAN router

無線LANルータとは、無線LANアクセスポイントの機能を内蔵したブロードバンドルータのことです。
無線LANアクセスポイントとは異なり、ADSLモデム等に接続するためのWAN側のポートを搭載し、PPPoE等でISPに接続することができます。また無線LANアクセスポイント機能を備え、LAN側のEthernetポートを搭載している製品も多くあり、パソコン等と無線LAN通信やDHCPでプライベートアドレスの割り当て、NATでWAN側と通信を仲介することができます。
無線LANルータの中にはルータ機能を無効にし、ブリッジ機能として動作させることのできるものもあります。





ページトップ