PLC

読み方 : ピーエルシー
フルスペル : Power Line Communications

電力線を通信回線として利用する技術のことです。
電気のコンセントに通信用のアダプタを設置し、パソコン等と接続するとデータ通信が可能となります。電力線通信、電力線搬送通信とも呼ばれます。
ほとんどの建物には電気配線が張り巡らされているため、PLCを使用すれば新たにケーブル等を配線することなく構内ネットワークを構築できます。また、電力会社の配電網にPLCを利用すれば電力網をそのまま通信基盤として利用することができ、インターネットに接続することも可能です。
PLCは周波数により分類され、450kHz以下の周波数を用いるものを低速PLC、2MHzから30MHzの周波数を用いるものを高速PLCと呼びます。
2006年10月に総務省が屋内に限り2MHzから30MHzの周波数の使用を認める省令改正を行ったことにより、2006年12月から高速PLC対応製品が販売されました。
電力線は高い周波数の電気信号を流すことを想定していなかったため、PLCによる電波の漏洩が無線通信や医療機器に与える可能性があります。





ページトップ