PoE

読み方 : ピーオーイー
フルスペル : Power over Ethernet

PoEとは、イーサネット通信で利用するカテゴリ5以上のLANケーブルを通して、電力を供給する技術のことです。 PoEをネットワーク機器に使用することでACアダプタ等の外部電力が不要になり、データ通信をするLANケーブルのみで電力の供給ができます。 そのため、屋外や天井等の電源供給が困難な場所でもネットワーク機器を設置できるようになります。

PoEには大きく分けて2種類の方式があります。 接続機器がPoE対応機器であることを確認してから電力の供給を行うアクティブPoE方式と、それらの確認を行わずに電力を供給するパッシブPoE方式です。 アクティブPoE方式はネットワークカメラ等に多く用いられ、接続機器がPoEに対応しているか確認した上で電力の供給を開始する形になります。 2003年に供給電力15.4WのIEEE802.3af規格として標準化されました。 さらに2009年には供給電力を最大30Wまで拡張したIEEE802.3at規格(PoE+、PoEプラス)が標準化され、現在もより大きな電力を供給できるようIEEE802.3bt(PoE++)へと拡張されています。
一方、パッシブPoE方式では接続機器がPoE対応機器であることを確認せず、直接接続機器に電力を供給する形になります。 アクティブ方式のPoEと比べて統一された規格がないため、各社独自の電圧・電流値で使用されることが多くなっています。

PoEとは_イラスト





ページトップ