WPA

読み方 : ダブリューピーエー
フルスペル : Wi-Fi Protected Access

無線LANの業界団体Wi-Fi Allianceが2002年10月に提唱した無線LAN暗号化技術の規格のことです。
これまでの無線LANのセキュリティにはRC4と呼ばれるストリーム暗号化手法をベースにした秘密鍵暗号方式のWEP(Wired Equivalent Privacy)が採用されていましたが、容易に解読されてしまうことが判明したため、WEPの脆弱性の対策としてWPAが策定されました。
WPAはWEPのアクセスポイント等の識別子として認定されているSSIDとWEPキーに加えて、ユーザー認証機能を備え、暗号鍵を一定時間ごとに自動更新するTKIP(Temporal Key Integrity Protocol)と呼ばれる暗号化プロトコルを採用しています。
2004年9月に、WPAの新バージョンで米標準技術局(NICT)が定めた暗号化標準の「AES」を採用したWPA2が策定されました。WPA2はWEP、TKIPに加えて、CCMPと呼ばれる暗号化プロトコルを採用しています。より強力な暗号化が可能なAES(Advanced Encryption Standard)を採用しているため高いセキュリティ強度を持ちます。





ページトップ